上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お盆に仕事でアメリカへ。考えてみたら、生まれて初めて終戦記念日をアメリカで過ごしたことになる。

朝食は、近くの感じのいい店へ。本格的なホットドッグで、塩加減もちょうど良く熟成されたソーセージとベーコン。チーズもパンもしっかりと味がして、とろんとした卵が仲を取り持つ。

ホットドッグ

この街はとにかく、ご飯がおいしい。人がやさしい。自然が近い。それでいて知的だ。
アメリカは相変わらず豊かだなあ、と言いそうになってしまうのだけど、都市という単位で見ると、戦後69年の間に目まぐるしい浮沈があるわけで、時代の変化と共にこっちが豊かになったと思えば、あっちはしなびたりする。都市の中でエリアが競っていて、エリアの中で店が競っている。
結果的にさまざまな都市が競い合って、人材を引き付け、国全体としては沈没しないで21世紀を迎えた。流動性って、そういうことなんだねーと。

そして、そんな「自分が選択した都市の個性」を証明するものとして、都市の形や建築物を、自然と同じくらい大事にしている。自分の延長として大事に思っているから、変える時は大胆に変える。

さらに思えば、アメリカという国全体がそうだ。
ここまで、国、都市、エリア、人の様態が一緒だということは、ここがただの一つの国であって、「世界」の訳ではないことを証明してる。でも、移民と共に入ってきた世界の粒が(アメリカの関門をくぐり抜けたものだけが目に見えて)それなりに多様だから、ここが世界だって考えてしまうのにも納得できたり。
伊東忠太の『阿修羅帖』の2枚目は、1914(大正3)年8月10日の「全欧修羅の巷となる」です。前回の絵と構図は似ていますが、動きが出ていますね。
この動きが100年前の第一次世界大戦の激動そのものであることを、「Yahoo!ニュース個人」で書きました。

阿修羅帖002t
終戦の8月に100年前の開戦を考える(「建築史家は語る」Yahoo!ニュース個人)

もうすぐ8月15日。
日本がポツダム宣言を最終的に受諾したのは8月14日、降伏文書に調印したのは9月2日です。こちらが国際的には終戦記念日なのに、8.15の特権化はいかに成立したのかを、佐藤卓己『八月十五日の神話 終戦記念日のメディア学』(ちくま新書、2005)は描いています。

1945年8月10日は、ポツダム宣言の受諾が昭和天皇のいわゆる「ご聖断」によって方向付けられた日です。その34年前に、第一次世界大戦は本格化します。
伊東忠太の絵は親しみで引きつけながら、厚みを持って二つの「8月」の意味を考えさせます。
その技量は建築家のそれであり、まごうことなき建築史家だと、筆遣いの一つ一つを見返して、改めて思わされるのです。
「Yahoo!ニュース個人」を始めました。「建築」という眼鏡で社会を見たらどうなるか、面白く読んでいただけたらと思います。

阿修羅帖001
開戦100年、建築家が描いた第一次世界大戦(「建築史家は語る」Yahoo!ニュース個人)

第一次世界大戦が始まって、明日で100年になります。
この大戦、日本ではあまり意識に上りませんが、第二次世界大戦や冷戦後の世界に大きく影響を与えた画期。文学でも、美術でも、建築でも、20世紀を調べようとすると、すぐに第一次世界大戦の経験に出会います。
1914〜18年の大戦を経て、私たちは19世紀を終え、今と地続きの20世紀を迎えたと言えるわけですが、それはいったいどういうことなのでしょうか?

伊東忠太(1867-1954)に、それを教えてもらえないかと考えました。
彼は日本で最初の建築史学者であり、築地本願寺などを設計した建築家。ライフワークといえる伊東忠太の研究を進める中で、私は彼が描いた『阿修羅帖』(1920〜21、国粋出版社)を読解することになりました
『阿修羅帖』は、1914(大正3)年7月28日にオーストリア=ハンガリー帝国がセルビア王国に宣戦布告してから、1919(大正8)年10月31日に日本がヴェルサイユ講和条約の批准に至るまで、第一次世界大戦の動向を中心に約5年3か月間の時事を、計500枚の戯画を通じて描写したもの。
膨大なので、さすがに誰も手を付けていなかったのですが、精読すると、伊東忠太の設計や行動に通じる世界観や、彼の立ち位置と時代との距離が浮かび上がってきます。
同時に、これはが日本にとっての第一次世界大戦の、最良の写し鏡になっていることにも気付きます。

そこで今日は最初の1枚、1914年7月28日の開戦を扱った「塞墺開戦」を読み解きます。
次の戯画からは、これらの人物が、くんずほぐれつの姿になり、やがて鬼に変わり、同時代の時事も絡み始め・・と、社会を変えた第一次世界大戦の多層的な経験が、伊東の描出でありありと迫ってきます。

この『阿修羅帖』シリーズ以外にも、一定の間隔で更新したいと思います。ご一読いただき、応援、ご感想などいただければ幸いです。
2012年5月の「UR団地再生デザインコンペ」で最優秀賞を受賞した藤田雄介さんの「花畑団地27号棟プロジェクト」が完成したので、今日は見に行った。

花畑団地06

1964年から入居が開始された東京都足立区の花畑団地の、1966年に建設された住棟1棟をまるごと再生するというプロジェクト。東京オリンピックの年にでき、今は高齢化も進行している、いわば「団地」のど真ん中は、どのようにリノベーションされたのだろうか。

花畑団地05

結論から言えば、団地の持っていた戦後の人間主義的汎用性が、現在の手法で再生されている。私はとても良いと思った。
このリノベーションの良さは、図面や文書からではよく分からないのではないか?
間取りをとても変えたわけでもなければ、コミュニティに直接手を加えようとしているわけでもない。だから選出した西澤立衛さんら審査員の慧眼たるや・・。

花畑団地04

訪れて理解できたのは、この設計の魂が、間取りそのものというより、部材のディテールと周辺環境にあることだ。
小さな部材と大きな都市が操作の主対象であって、あいだの建物スケールは最重要ではない。極端に言えば、中抜き。そこが新しい。建物スケールを操作することが「建築」だと思ってきた、ここ約半世紀の日本の建築界 — 実は団地の時代はそうではなかった — に一石を投じている。

花畑団地02

室内に入ってみよう。まず感じるのは、正方形の開口部を通して、周囲の広がりが室内に入り込んでくる清々しさである。その理由は、民間開発ではあり得ない当時の団地の建ぺい率の低さだけでなく、「ヒューマニズム」の設計ではあり得ない工業主義的な住棟配置が寄与している。
団地の住棟配置は一般に機械的だ。でも、この花畑団地ほど整然としたグリッド配置は珍しい。だから、室内の人間がとる姿勢が都市と整合して、内外が一貫した空間の爽やかさの中で生きることができる。

花畑団地03

その関係性をつくる上で大事なのは、間に噛ませる建具。工業主義と人間主義を同時に体感させる、この木製のサッシでなければいけないと、設計者は考えたのだろう。
実際、この形態と素材が、新設されたテラスを外部の部屋のように感じさせている。屋外に広がる団地の工業主義と人間主義を、古臭い存在ではなく、再考に値するものとして捉えさせる。

花畑団地07

この1981年生まれの設計者によるプロジェクトには、ここ十数年における北欧モダンブームやリノベーションの一般化、団地の再評価といった空気が、当たり前のように入り込んでいる。
同時に、これは建築家の個性の表明でもある。正直、今まで私は藤田さんの都市的な思考とtoolboxへの参加に見られるような部材への関心の間にどんなつながりがあるのか、頭では理解していても、しっくり来ていなかったところがある。
でも、今日、この作品によって藤田雄介という建築家の姿が見えた。建具と都市を接続しながら汎用性を志向するということが腑に落ちた。

花畑団地01

彼は個別性ではなく、新たな汎用性に賭けている。団地なんて、建材みたいなものだ。決して一品生産ではない。でも、手に馴染むようにと設計されたいくつかのヴァリエーションがある。そして、自分を主張するのではなく、生活の幅を静かに拡張する。
「デザイン」の狂躁を経て、そんな新たな豊かさを私たちが手にし始めた事実と同期する建築家が現れたことを、私は支持する。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。