FC2ブログ
2009.01.04 鋼鉄の牛
インドの牛02

インドの牛の写真を、もう1枚。
併走するトラックのフロントグリルにも、牛の角のような金属板が取り付けられている。
原初的なたくましさのシンボルがここに。
この国でデコトラを見かける機会はめっきり減ったが、インドではまだまだ健在である。
アジア・イズ・ワン。

それにしても、ストリートビューがインドで展開されたら見飽きないだろうに、と思う。
人と猿とで自転車を二人乗りしている姿だとか、起きたばかりの衝突事故だとか、どちらが先に客を見つけたかで口論するリキシャマンだとか(どれも旅行中に目にした光景)、発見する楽しみはアメリカや日本の比ではないはず。
ただ、あれだけの狭い道で、何の上に360度カメラを取り付けるかが問題だが。

*「建築浴MAP」(googleマップ)で所在地を見る
2009.01.03 インドの牛
インドの牛01

正月は原稿を書いている(書いてますよー、まじめに)。

インドで撮った牛の写真のうち、年賀状で使わなかったものをアップ。
人、牛、オートリキシャ、バイク、時に自動車・・・
同じ道をみな行き交うとき、それらはみな同じもののようだ。

*「建築浴MAP」(googleマップ)で所在地を見る
飛鳥山の初日の出 路面電車の正月

少し早起きして、飛鳥山に登る。
初日の出を浴びて東北本線も新幹線も走る。路面電車も新春を言祝ぐ。
本年もよろしくお願い申し上げます。

*「建築浴MAP」(googleマップ)で所在地を見る
一般の仕事納めは終わったが、今からが忘年会・打ち上げという方も意外に多いかもしれない。
藤村龍至さんが自作「BULIDING K」で忘年会。初めちょろちょろだと思っていたら、次々に参加者が増えて、少し顔を出そうと思っていた神保町には行かずじまい。

国道58号@高円寺01 国道58号@高円寺02

さて、本題とは関係ないのだが、高円寺のなかなか華やかな通りに位置する「BULIDING K」。道すがら、おむすび型の標識を確認した。

いや、こんな細い道が国道になっているとは知らなかった。
名ばかりの国道、まさに酷道!
(参考:『酷道をゆく 日本全国の「酷い国道」を走る!! 』「酷道 東日本編」 [DVD]
酔った頭でしばらく思い込んでいたのだが、国道58号は沖縄の道路だった。
隣の飲食店の看板なのだった。公共の標識と紛らわしい・・・しかし、憎めない。
「BULIDING K」のコンテクストである世俗パワーを確認した思い。
μ1030SW工一郎 ©OLYMPUS

原稿の参考資料で、半年ほど前の建築雑誌を裏返しで置いておいたところ、
裏表紙にこんな広告があったのに気づいた。
「工事写真の新基準 工一郎 [μ1030SW工一郎]」
少し欲しくなった。

厳しい条件下の土木・建築現場で工事写真を撮影する道具。
それが工事用デジタルカメラだ。
抱いていたイメージは、かつてのコンパクトカメラをプラスティックで覆ったような
いかにもアウトドアな形状だが、これは携帯性に重きを置いている。
だから、広告の写真も、胸ポケットから裸の指で(軍手ではなく)
カメラを取り出す作業着姿のアップなのだろう。
... 続きを読む
ルイ・ヴィトンの「タダオ」

ルイ・ヴィトンから8月に発売されたショルダーバッグ「タダオ」が大人気。品薄が続いている(10月23日現在、E-ショッピングでの在庫なし)。
しかし、「タダオ」とはおかしな名前を付けたものである。
タダオ・・・ただお・・・忠雄・・・
私のような者の脳裏によぎるのは、あの安藤忠雄の顔でしかないわけで…。

と思っていたら、ほんとに建築家・安藤忠雄が由来と知って、びっくり。
「タダオ」が属するダミエ・グラフィット・ラインは、建築界のノーベル賞と言われるプリツカー賞の受賞者から商品名を付けているという。
しかし、何でまた建築家?
... 続きを読む
木下くん事務所開き01 木下くん事務所開き02

大学の同期で「き」と「く」の関係だった(関係については4月16日の記事参照)木下勝茂くんが、神田司町に新事務所を開いた。昨日がそのお披露目会だった。
擁壁を利用した以前の事務所も魅力的だったが、今度はぐっと交通至便。南洋堂から歩いていったら、10分とかからなかった。日本一の古書街を自分の図書館に使えるなんて、羨ましい限りだ。秋葉原だって近い。「本場」で仕入れてきたというラーメン缶を初めて食す。ん~、微妙。
... 続きを読む