FC2ブログ
INAX REPORT177_01 INAX REPORT177_02

「INAX REPORT」の第177号が刷り上がって、送られてきた。
同誌には、2006年の第168号「生き続ける建築」という第1特集で声をかけていただき、博士論文としてまとめたばかりの伊東忠太について、まとめて書く機会を得た。

今度は第2特集の「著書の解題」に寄稿した。この第2特集は毎回、建築家の内藤廣さんが1960~70年代の建築界をつくった ― その昔は書籍が建築界をつくるということがあったのだ ― 書籍の著者にロングインタビューを試みるというもの。

今回は尊敬する=畏怖する建築史家である伊藤ていじさん。しかも、対象である『民家は生きていた』(1963)の「序論」とあって、緊張したものだった。たぶん、内藤さんの「差し金」だろう。2004年の吉阪隆正展の時も高いハードルで、大いに成長させていただいた。
その成果がどうだったか。それは読者にご判断いただきたい。「INAX REPORT」はINAXギャラリーなどで手に入るほか、web上にオンライン版があるので、そのうち掲載されると思う。

伊藤ていじさんに対しては、鈴木博之先生が「建築画報」の2008年10月号(第331号)でもインタビューを行っている(同誌には伊藤ていじさんの連載も載っている)。
闘病生活、卒業論文、丹下健三や磯崎新、メタボリズムとの関係など、重なる内容はもちろんあるが、内藤さんのインタビューは、さらにぐいぐい食い込んでいる感じでいい。いい、なんていうと失礼かもしれないが、いいものはいい。
言葉が生き生きして、歴史的な事実を丁寧に拾っている。連載の中でも特筆すべきものではないか。

僕はこう思っていたの。人が歩いた道を、また歩くとね、遅くなる。それよりもバイパスをダァーっと行った方が良い。その当時のバイパスというのは、回り道という意味です。俺は回り道で行くから他のことをやるよと…。川添さんなんかはメタボリズムに熱心だったけど、僕は「あっそう」という感じだった。(「INAX REPORT」第177号 p.26)



こんなことをさらっと言ってしまう方なのだ。伊藤ていじさんは。
妙経寺01

建築家の川島甲士氏が2009年1月13日にお亡くなりになった。享年83。
川島甲士氏は1925(大正14)年生まれ。内田祥哉氏、故・篠原一男氏、故・増沢洵氏などと同年の生まれだ。

1949年に早稲田大学理工学部建築学科を卒業後、清水建設設計部を経て逓信省(後・郵政省)営繕部設計課に勤務。この時代に担当した建築に、1956年の日本建築学会賞を受賞した羽田国際空港郵便局などがある。1954年からは明治大学工学部二部で設計製図の講師も務めている。
1957年に郵政省建築部設計課を退職し、芝浦工業大学建築科の助教授となる。同年には川島建築設計研究所を設立。以来、旺盛な設計活動を行う。

BCS賞を受賞した「西都原考古資料館」(1968)、ガラスの吹き抜けホールを中心に、風景と対峙した「宮崎県営国民宿舎・青島」(1970)。しかし、これらはすでに共に取り壊されてしまった。
代表作となった「津山文化センター」(1965)は、日本建築の斗きょうの形態と構造システムを融合させた迫力の高度成長期建築。DOCOMOMO Japanの選定建築でもある。penkouさんによるこちらの記事は、学生時代に川島氏に習った思い出も交えた、他に無い紹介記事だ。

川島氏の葬儀は、自身の設計した「松源寺」(1969)で行われた。東京都台東区松が谷にあり、コンクリートの大屋根が特徴的。

同じ台東区には、やはり川島氏が設計を手がけた「妙経寺」(1959)が建つ(所在地は記事末尾)。独立後、最初期の作品にあたる。
これも鉄筋コンクリート造による新たな寺院の形を追い求めている。本堂の屋根はギザギザ形の折板構造。当時、流行したスタイルだ。例えば、海老原一郎が設計した「憲政記念館」(1960)のように。

妙経寺03

「妙経寺」は、脇に立つ鐘楼にも注目である。その形は大胆。屋根は中国建築以上に反り返り、チューブのような形状になっている。仕上げはコンクリート打ち放しで、屋根にはペンキが塗られている。屋根を支える脚には孔が空いている。そこに鐘突き棒が通される。脚の断面は有機的な曲線。丹下健三の広島平和会館(1955)のピロティを思わせる。
小さいながら「津山文化センター」に至る川島氏らしさの原点が、ここにある。

妙経寺02

ご冥福をお祈り致します。

*「建築浴MAP」(googleマップ)で所在地を見る
ノルウェー大使館

倉方が講師を務めさせていただく埼玉県立近代美術館主催の「近・現代建築ツアー(都内版)」。今年も募集が1月20日から始まる。
猫も杓子も「プレミアム」。そんな惹句も峠を越したような昨今だが、これは「プレミアム」と言って良いのではないか?

開催日は2009年の3月7日(土)、14日(土)、21日(土)。
前回と同じく、見学はA・Bの2コースに分かれている。
7日は講義で、A・Bコースとも共通での受講。見学ツアーは、Aコースが14日(土)、Bコースは21日(土)に実施する。2つのコースで訪れる建築が異なることになる。

Aコースは下記を予定している。
1 慶應義塾幼稚舎本館・自尊館(谷口吉郎)
  新館21けやきホール(谷口吉生)
2 白桃房(宮脇檀)
3 日本基督教団麻布南部坂教会(W.M.ヴォーリズ)
4 ノルウェー王国大使館(吉村順三)

Bコースは次の通り。
1 日本基督教団久が原教会(山口文象)
2 山口文象自邸(山口文象)
3 私の家(清家清)
4 東京工業大学70周年記念講堂(谷口吉郎)
  東京工業大学東工大100年記念館(篠原一男)

1名様1通で、A・Bコースのどちらかにしか参加できない。
特に選択を迷わせるのは、A-1、A-4、B-2、B-3あたりかと・・・・内部を訪れることの難しさは、知っている方ほど分かっているはず。
徒歩を基本にコースを決め、今回はモダニズム建築における芸大の系譜、東工大の系譜+独立系(山口文象)に触れられるようにまとめた。
こうしたことができたのも、埼玉県立近代美術館のお陰だ。
非営利の公的施設であり、見学ツアーの実績を重ねてきた同館が、1年も前から準備を進めてきた。でないと、なかなか実現できない。

申し込みは2009年1月20日から2月10日まで(必着)。
申し込み方法などは、埼玉県立近代美術館のこちらのページを参照。
問題はそれぞれ23名の枠があって、これはどうしようもできないということだ。
清里聖アンデレ教会

義父ができるまで知らなかったのだが、牧師というのは個々の教会の所属ではないため、教区ごとに異動があるらしい。
9年いた清里から移ることが決まって、最後の日曜日の礼拝が1月4日だと聞いた。いわば「最終講義」のようなものだろうか? だとしたらなおさら駆けつけないとならない。万難を排して。

清里聖アンデレ教会と富士山

特急に2時間揺られる。右に富士山を、左に八ヶ岳を眺めて、坂を上がる。高原に清里聖アンデレ教会が建つ。
聖餐式は「最終講義」ではないので、「何々と私」といった大上段な話が繰り広げられるわけでもなく、義父らしく、日ごろと変わらない様子で進む。
ただ、普段と違うのは、詰めかけた110人余の人々で、板敷きの部分にまで座布団を敷かなければ収まらないほどだった。
なんのかんの言っても“量”は嘘をつかない。快晴の下、聖餐式は幸せそうだった。

清里聖アンデレ教会03

この畳敷きの教会は「新建築」1949年12月号の表紙になっている。
標高1300mの開拓の地の礼拝堂。それが表紙を飾っていることも含め、時代を感じさせる。
「山の上にある教会は、隠れることができない」。
マタイによる福音書を下敷きにした義父の言葉が印象的だった。

*「建築浴MAP」(googleマップ)で所在地を見る
ROGOBA01

東京・麹町のインテリアショップROGOBAで、11月3日まで「フィン・ユール+キリム展」 が開かれている。中近東の平織り・綴織りのテキスタイルであるキリムと、デンマークのデザイナー、フィン・ユール(1912-89)の家具。思わぬ組み合わせだが、これが実に合っている。

ROGOBAは普段から、キリムとフィン・ユールの家具を扱っている。今回は東京デザイナーズウィークに合わせて、いっそう充実したラインナップ。ショップは、まるでギャラリーのようだ。つまり、ものを引き立てる美しいレイアウトであり、売ることより知ってもらうことに熱心であって、みな学芸員のように造詣が深い。デザインに関心のある方々に訪れていただきたい場所だ。
... 続きを読む
手すり大全表紙

今、手すりが熱い!
などと鼻息を荒くすると、手すりは冷ややかな手触りで「そうかしら?」なんて答えそうですが、倉方も執筆に関わった『手すり大全』が2008年10月31日に日経BP社から刊行されます。目次はこちら

下地になっているのは、雑誌「日経アーキテクチュア」2007年7月6日号の特集「されど、手すり」。これが編集部も想定していなかったほどのスコアを読者アンケートで叩き出し、結果、「日経アーキテクチュア」からのスピンオフ作品、「NA叢書」第一弾に選ばれたと聞いています。
... 続きを読む
国会議事堂前駅01 国会議事堂前駅02

千代田線・国会議事堂前駅でハッとした。
工事で壁が剥がされていて、構造体がむき出しに。
ホームのカーブとの関係が絶妙だ。

地底のチューブであることが剥き出しになって、
しかもある意味、東京の真ん中の下。
村上春樹の小説にでもありそうだなあと思いながら家路についた。

国会議事堂前駅03