上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう半分/まだ半分

(5月29日からの続き)
吉阪隆正さんという人は、調べれば調べるほど、
思想と行動が一致して、一貫している。
関わった建物はもちろんのこと、
言葉やスケッチも示唆に満ちていて魅力的なのである。
「まだ半分残っているぞ/もう半分しかない」というイラストがある。
学生運動が宴たけなわだった1969年に
早稲田大学の理工学部長に就任した(≒押し付けられた)吉阪が
学生に示した「告示」の一つ。以下のような文章と一緒だった。

「私はいつも、同じ状況でもこれに対する心の持ち方で異なった情況を呈すること、
 次の絵のようであると見て来ました。そして私はこのニコニコした男の説に従い
 たいと思います。〈中略〉私は、欠陥の指摘ではなく、それを如何に克服できる
 かの提案を論議していく態度でのぞみたいと思います」

悪い面より良い面を、論評ではなく提案を、ひねくれよりも素直さを。
そんな姿勢が、新たな意味がいまなお汲み出せるような建築を生み、
独創的な人物を世に送り出すことに貢献した。

なんで、こんなことをぐだぐだ書いているのかというと、
今の大学セミナー・ハウスに、その建築/環境としての価値が
残存しているという確信が、ただちには持てないからであって、
現在のセミナーに、たとえ価値の「半分」でも残っていれば、
「もう」とか「まだ」とか言えるのだが、
2~3割だったとしたら、四捨五入して、もうゼロなのだから、
すべて無くなってしまっても、それが世の流れで仕方ないなんていう
無常観に針が振れてしまう衝動に「待て」をしている。

大学セミナー・ハウスの宿泊ユニット(1965)は、
1群と2群の一部をのぞいて、2006年3月に撤去された。
丘陵の起伏に手を加えないで、木造プレファブのユニットを群として配置し、
自然と人工が互いを高め合うような新たな「場」を生み出すことで
設立者である飯田宗一郎の抱いた「セミナー・ハウス」の理念に、
建築/環境としてのかたちを与えるという成果は、姿を消した。

旧3群・4群 旧6群
左:3群・4群があったあたり
右:6群があったあたり越しに新館「さくら館」(2006年5月30日撮影)

頼みの綱は「コンクリートの床面は残す」という説明だった。
しかし、昨日、DOCOMOMO Japanの要望書を出しに行ったら、
3~7群のコンクリートの床面は無くなっていた。
きれいさっぱりと。
掘り返された土が、斜面に拡がっている。
木立を風が通り抜けるのが、気持ちいい。
ここに、ユニット群がどうやって配置されていただろう。
すでに思い出すのが難しい。
やがて、裸になった大地には木々が芽吹き、美しい眺めに戻るだろう。
それはそれで、良いことかもしれない。
失ったことにすら気づかない、動物であるところの人間にしてみれば。

それにしても、ここに至った状況を耳にすると、へなへなしてしまう。
手作業での撤去を申し入れ
→ 金がかかるからムリ!
→ ショベルカーでガシガシ、ガシガシ
 (それなりに気をつけて作業したので、単純な撤去より手間がかかる)
→ コンクリートの床面が割れたり傾いだり
→ このままじゃ危ないし、やっぱり全部壊す
→ 追加工事を発注。もう一回業者を呼ぶ
→ コンクリートの杭を引っこ抜き、床面を取り去る
(以上は筆者が得た情報での個人的な認識なので、誤りだったら教えてください)

熟慮の上の取り壊しなら納得のしようもあるけれど、
DOCOMOMO20選にも選ばれた建物が、場当たり的と言っていい成り行きで、
地上から姿を消してしまうというのは、なんともはや・・・。
建築や景観の保存・活用に向けて運動されている方々は、
こんな「へなへな」感とたたかってきた(いる)のだと気づいたり。

今回、人類の英知が生み出したものを引き継ぐことができず、
歴史の平準化に貢献してしまった。
私を含め、研究者や愛好者や門下生たちが、見殺しにしたようにみえる。
今回のことが、ヴァンダリズム(vandalism)だとしても、
野蛮人というくらいだから、罪をなじっても仕方がない。
放っておくと、それが中長期的視野に立ったメンテナンスを施す予算が「無い」ために
傷みが激しい教師館(1968)や遠来荘(1975年に民家を移築)やセミナー第1群、
あるいは「リネン交換が大変な」長期セミナー館(1970)に向かうことは、
火を見るよりも明らかで、だったら、やはり動くべきだろう。
悪い面より良い面をみて、論評ではなく提案を、
ひねくれるのではなく、素直であることを恐れずに・・・。
(続く)
Secret

TrackBackURL
→http://kntkyk.blog24.fc2.com/tb.php/38-6d7e6011
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。