上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「起爆空間」01

福岡県の博多で、伝説の住宅がオフィスビルに変身していた。
元ネタは1966年竣工の「起爆空間」。当時U研究室の一員で、後に象設計集団を結成する富田玲子さんが、夫の林泰義さんと共に設計した住宅だ。円い窓が100個開いている。
富田玲子さんの本には、次のように書かれている。


発想の原点は、たまたま見ていた『世界建築全集』に出ていた古代ローマのパン屋のお墓です。立方体の四面に九個の丸い突起物がついていて、二人とも「これだ」って思いました。〈中略〉敷地が東名高速道路の入口にある見晴らしのいい立地だったこともあって、「ウルトラマン」などのテレビ映画に悪の巣窟として登場しましたが、施主の意向で20年前に取り壊されました。

富田玲子『小さな建築』(みすず書房、2007)pp.182-183


最後にある「ウルトラマン…」ということから、ネット上での言及も多い。

百窓:試みられた起爆空間
http://www.kanshin.com/keyword/232588

このオフィスビルは、円窓が95個(19×5)。
惜しい! 5個はどこかに吹き飛んでしまったようだ。

「起爆空間」02

音羽交差点付近には他にも面白い建物が集まっている。
隣にはなぜかファサードの凹んだビル。
それより迫力なのが、向かいにあるヨドバシカメラの駐車場ビルだ。
「われ関せず」なスケール感がかえって都市的。潔い。

「起爆空間」03


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。