FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホテル井筒01_倉方撮影

東京オリンピックの年にできた長野県松本市の「ホテル井筒」。訪れると内装は予想以上にオリジナルで、こういうものを探していたんだ、と思った。

ホテル井筒02_倉方撮影

旅館系のインテリアは改変されやすい。なんど裏切られたことか…。しかし、中でも残りにくいのが浴場で、ホテル井筒も大浴場はさすがに当初のものではなかった。高度成長期的な浴場・温泉施設でインテリアが現役のもの、どこかにありますかね?

(21)コラボレーションが生きた築45年の和モダン建築:ホテル井筒 - 倉方俊輔の「ドコノモン100選」
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/column/20090630/533699/

今回もさまざまな巡り合わせがあった。設計者の野老正昭さんとインテリアを担当された野老春子さんから、当時の状況をお聞きできたのも良かった。
「野老」と書いて「ところ」。どこかで見た覚えが…と思ったら、デザイナーの野老朝雄さんは息子さんだった。阿部仁史さんの「FRP Ftownビル」の外装を担当されたり、最近の『新世代建築家・デザイナー100』でも採り上げられている。

ホテル井筒04_倉方撮影

もちろん築45年なので、ホテル井筒の内装が完全に当初のままというわけではない。しかし、これくらいモダンで和で、斬新な設計が残っているものは珍しいのではないか。
玄関ドアのガラスもオリジナル。「HOTEL IZUTSU」のロゴがスタイリッシュだ。サインデザイン~インテリア~建築の横断ぶりや、玄関ドアの押し手のデザインなどに感じられるのは、野老朝雄さんとの連続性。

ホテル井筒05_倉方撮影

高度成長期らしい勢いを満喫できる「デザインホテル」。吹き抜けのホール空間を味わい、ガラスブロックの浴室を体験し、宴会場で驚いてほしい。稲葉なおとさんの本に載っているものは知っているよ、というあなたにおすすめしたい。

ホテル井筒03_倉方撮影
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。