上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年はモダニズム建築の再検討のエポックとして、
記憶されるのではないだろうか?

前川國男建築展

今年はモダニズム建築家の回顧展が相次いだ。
「建築家 清家清展」(7~9月)、「吉村順三建築展」(11~12月)。
先日成果物がまとめられた「吉阪隆正展」(2004年12月)も、
これに入れてよいだろう。
どれも調査研究に基づいた本格的なもので、
これまで日本で乏しかった《建築家研究》の基礎になることが予想される。
同時に、一般の目を意識して「見せる」展示がそれぞれに工夫されていた。
テレビなどで採り上げられたこともあって、
さまざまな立場の方が会場に足を向けたことも特筆される。
欧米を訪れると、建築展がポピュラーに開催されていることに感心するけれど、
そうした機運になりつつあるのかもしれない。

これほどに展覧会が相次いだのは、偶然だ。
どれも数年前から準備が始まっていたし、企画の経緯もみな異なる。
ただ、1900~10年代生まれの建築家の業績が、
単純なレッテル張りを脱して、現在と歴史とに接続できる時期になったという
時代性な共通性はあるだろう。
丹下健三さん(3月22日)や清家清さん(4月9日)の逝去も、
その感をいっそう大きくする。

「前川國男建築展」が東京ステーションギャラリーで始まった。
前川國男(1905~86)は、作品と言葉とアーキテクトとしての矜持によって、
日本の「近代建築」の歩みをけん引した建築家。
東京帝国大学建築学科を卒業後、1928年から1930年まで、
パリのル・コルビュジエのアトリエで学び、帰国後、建築事務所を開設。
代表的な作品に、神奈川県立図書館・音楽堂(1954)、京都会館(1960)、
東京文化会館(1961)東京海上ビルディング(1974)などがある。
会場には、50年の経歴を物語る、精巧な模型、図面、写真、解説類が並ぶ。
ゆっくり見たつもりは無かったのが、気づいたら2時間も滞在していた。
質量、名実ともに「モダニズム建築年」の最後を飾るにふさわしい展覧会。
分かりやすくて、面白い。
建築が少しでも好きなあなたなら、これは必見である。

「建築展」という言葉の本義どおり、展示はあくまでも「建築」が中心だ。
人物にまつわる史料はほとんど出ていないし、解説も緻密で冷静である。
会場は、ほぼ年代順に、11のパートに分かれている。
目に留まらないような内部や背面まで精巧につくられた模型群と、
線の太さや文字の書き込みまで神経が注がれた建築図面、
竣工時と新撮影を交えて選び抜かれた建築写真を軸に、
建築とその背景にあるものを、誠実に伝えようという構成だ。
声高に叫ぶことも、珍奇に突出したものも無い。
しかし、なんと力に満ちた空間なのだろうか。
まとわりつくような陋習も、いたずらな難解さも無い。
人は物の背後に込められた労力を、直観するものなのだろう。
純粋な楽しさにあふれて、歩きまわるにつれて、
心身はくつろぎながらも、鋭敏に研ぎ澄まされていく。

前川國男の建築を思い起こさないわけにいかない。
「建築」というものに賭ける姿勢。
才能と膨大な時間を背後に隠した、良質のオーソドキシー。
確固として存在し(美術館を訪れるような類の)人間に力を与える空間。
前川建築と同じスピリットが、会場に流れている。

前川事務所出身の鬼頭梓さんは、吉阪隆正展の夜話で、こんな至言を語られた。
「前川さんが生涯目指したのは建築で、視点はいつも建築に向いていたという
 感じがする。建築を通して人間を見るというか。吉阪さんは逆だったような
 気がしますね。いつも主役は人間の方にある。」(『吉阪隆正の迷宮』p.156)
人間・前川國男は、会場の最後になって現れる。
10分間に編集された映像の中でも、ジャガーを運転する動画はぜひ見てほしい。
1959年の渡欧の時のもの。
以前、スチールで目にしたことはあったが、動く映像は初めてだった。
向こうからジャガーの姿が大きくなってくる
(撮影してくれと、立たせていたのだろう)
カメラの真横で止まると、ハンドルをにぎりながら、上機嫌でにんまり。
多くを語らず、思いつきに富み、工作好きで、意固地で、責任を引き受ける。
そんな建築を生んだ、前川さんの《男であり男の子》の部分が、
一瞬に現れたようでうれしかった。
男が100%男でなく、女が100%女でないとしたら、
自分の中の「母性」が刺激されたといえるかもしれない。
それにしても、「建築」の裏に「人間」を用意しておくとは、
展覧会の構成、憎いくらい巧みだ。

展覧会の構成について、さらに考える。
それは真剣に取り組むと、意識していなくても、
建築家そのものになってしまうのかもしれない。
「吉阪隆正展」の時には、会期中の2、3日にいっぺん、
全部で10回の「夜話」(座談会)を行なった。
「記憶から記録へ」ということが頭にあった。
今すべきことは、関係者のオーラル・ヒストリーを収集し、
歴史化のための材料を散逸させないことだと考えたのである。
ただ、いま前川國男展のカタログと『吉阪隆正の迷宮』を横に並べると、
つくづく思う。事態は、そんな自分の小理屈を越えたものだと。
みなで方針を決めた(結果だけでなく作る過程に意味がある)油土模型や、
インタビューも含めて、こうした「人間」中心の展覧会を、
吉阪さんが用意していたのだなと。

「前川國男建築展」の会場には、実行委員の一人であり、
事務局長として展示・カタログ・関連企画を中心的にとりまとめた
京都工芸繊維大学の松隈洋さんがいらした。
山名善之さんが新たにサインを確認したル・コルビュジエ・アトリエの図面、
吉村行雄さんが撮影された建築写真のことなど、
いつもながら朗らかな姿勢に魅かれて、いろいろとお話をお聞きする。
知識が豊富で、人脈を持ち、バランス感覚に優れた松隈さんがあって、
爽やかで強靱な前川展が実現したのだと思う。
巨匠であればあっただけ、まとめる仕事には「雑音」が付いてまわるもの。
税金だと思ってそれを負うことの大事さを感じて、会場を後にした。


「前川國男建築展」は、東京ステーションギャラリーで、2006年3月5日(日)まで。
(開館時間:[平日]10:00~19:00、[土日祝日]10:00~18:00
 休館日:12/26と1/9をのぞく月曜日、1/1~7、1/10)
弘前市立博物館(4/15~5/28)、新潟市美術館(6/17~8/16)にも巡回。
Secret

TrackBackURL
→http://kntkyk.blog24.fc2.com/tb.php/23-a91b6a20
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。