上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三菱一号館01

週末、バスで丸の内を通って初めて、すでに「三菱一号館」が「復活」しているのを知った。あわててカメラを構え、窓越しに撮影。

三菱一号館02 三菱一号館03

しばらく行くと「飯野ビル」(1960)がすっかり取り壊されていた。規矩正しい建物で、最後までメンテナンスも良好だった。脇のアーケードも日比谷と西新橋の境を定義づけていて良かったのだが…。在りし日の飯野ビル↓。

飯野ビル01 飯野ビル02

設計は竹中工務店の伴野三千良氏。「日活国際会館」(1952)はザ・ペニンシュラ東京に建て替わったが、名品「文藝春秋ビル」(1966)はまだ残っている。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。