上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の午後は「生きた建築ミュージアム・大阪セレクション」のイベントの一つとして、「生駒ビルヂング」(1930)・「船場ビルディング」(1925)・「新井ビル」(1922)を9名の男児女児たちと見学していった。

子ども建築ツアーのおすすめ08

実証実験(イベント)で何されますか? と大阪市の方に尋ねられた。以前から考えていた「子どもとお母さんの建築鑑賞ツアー」を、ぜひやりたいと答えた。
家と学校以外の空間を体験すること。それは成長しても何かを残すだろう。そんな第三の空間で、お母さん方にも、もっと街の楽しみを享受していただきたいという思いもあった。
それは面白い! と大盛り上がり。今も生き生きと使われ、空間的にも面白い建築を3件選定した。

子ども建築ツアーのおすすめ06

「生駒ビルヂング」(1930)は、生駒社長自らがお得意のトーク。小さな眼の輝きを惹き付けていただいた。
「船場ビルディング」(1925)は、スモールオフィスとして使われている建物にもかかわらず、子どもたちの歓声を受け入れていただいた。そんな寛容さと、息抜きの中庭を囲んだ空間構成と、クリエイティブな職種の方々が部屋を借りているということは、考えてみれば通じ合っている。
「新井ビル」(1922)では、北浜本店として入居されている「五感」さんが特別な大人味のパフェをご考案。浅田社長には食と農の解説をいただく。
先方の多大なご協力を得て、小学1~3年生と親御さん方と、2時間かけて船場の近代建築を巡った。

子ども建築ツアーのおすすめ01

設計講評や論文指導と同様、「人間は頭があるから人間なのだ」教の私としては、子どもだから、身体を動かせとけばいい、がしょうに合わない。反時代的だけど(笑)
子どもと建築の組み合わせが、ものづくりやまちづくりワークショップになるばかりではなく、見て、自分で発見して、人に伝える(その補助として専門家の解説がある)という建築鑑賞の一環として成立させられないか?
見るのも、発見するのも、伝えるのも、子どものほうが得意だし、得々として行うはず。建築を通した市民の誇りは、むしろ子どもから大人に伝わっていくべきではないか。そして、子どもは未来の大人だ。
専門家から社会への教育として、「子ども建築ツアー」は有効ではないだろうか? 建築は社会の様々なことと関わる総合的なものだから、いろんな知識が身につく。保護者の方にとっても、普段と違う空間の中に身を置くわが子をまた愛おしく思う。ミュージアムなどにしてもコマーシャルな場所にしても、受け入れる側のご理解が得られれば、これが新しいターゲットにリーチする自然な広報として機能することが分かるはず。そんな三方がすべて、子どもが持ち込む予期できない楽しさの中にくるまれる。

それで、私は子ども言葉も大阪弁も使わず、大人に対してと同じく、ガシガシ歩いて建築を説明することにした。
すると、子どもはどんどんいい質問をしてくる。なぜなら、子どもは大人や学生よりも、理性が曇りなく働いているから。

子ども建築ツアーのおすすめ04

例えば、
[私]生駒ビルの時計大きいでしょう。なんでか分かる?
[子ども]下から見るため?
[私]そうそう、当時は時計が高くてみんな持っていなかったから通りの人に時刻を知らせていたんだ
[子ども](周りを見渡して)じゃここにたくさん人が歩いていたの?
[私]御堂筋って知ってる?
[子ども]大きいところ?
[私]そうそう・・から、1920年代以前は御堂筋ではなく、堺筋が大阪のメインストリートだった話に続けた。

子ども建築ツアーのおすすめ05

あと、この緑色の看板、さっきのにも付いていた! と言うので、「登録有形文化財」の解説を加えたり。
じゃ、一番古い登録有形文化財って何? と小学2年生から鋭い質問がとぶ。
う~ん・・新しいほうは50年で資格ができるんだよ、とごまかす(笑)

子ども建築ツアーのおすすめ03

今回はあまり仕掛けをせず、子どもの見解を丁寧に聞いたり、予定していなくても街中で足を止めたものは解説したりした。
大人だって子どもだって、予定調和的に、あまりこれ見ろ盛り上がれなんて言われるのは、いやかなあ・・と。
いま思い出したのだが、高麗橋1丁目の交差点で堺筋に出て、目の前に「三井住友銀行大阪中央支店」(1936)が現れた瞬間、何人かが足を止め、一人が「博物館みたい」とつぶやいたのはよかった。
博物館も銀行も。大事なものをとっておくものでしょう。昔はそういう建物は、特に大きな柱があって、左右対称で、石の壁でつくって、がっしりと見せるようにしたんだよ、と次の「新井ビル」(元は報徳銀行)のオーダーと話をつなげられた。「へー」「へー」と隣の子も鉛筆を走らせていた。

子ども建築ツアーのおすすめ02

事前に準備したのは、スケッチブックと色鉛筆。それに絵が好きな子は絵を、書き留めるのが好きな子はメモなどを記してもらった。最後に一人ずつ発表してもらった。
その時の目線で捉えたものが、帰ってから子どもが大人に教えるきっかけや、大人が質問する手がかり、後で振り返る手立てなどになったら嬉しい。

初めての「子ども建築ツアー」は手応えがあって、子供たちからいろいろ学べた。
建築は体感と理性の両方で楽しめるものだし、子どもは大人なのだ。私たちは建築を通して、語り合える。そんな確信がまた深まった。今後も、手法を模索していきたい。
これだけは言える。
「子ども建築ツアー」ができる街は、いい街だ。

子ども建築ツアーのおすすめ07
スポンサーサイト
「生きた建築と都市の魅力触れる 大阪・ミナミでツアー」(朝日新聞デジタル)

まずは「純喫茶アメリカン」と「食道園宗右衛門町本店ビル」の美しい映像と貴重な証言をご覧あれ。
丁寧な取材でアーカイブしていただいた、朝日新聞社社会部大阪版に感謝!

「生きた建築と都市の魅力触れる 大阪・ミナミでツアー」(朝日新聞デジタル)

2013年10月21日に大阪市「生きた建築ミュージアム・大阪セレクション」の初年度の選定物件28件が発表されました。
船場の近代建築などにしれっと並んで「喫茶アメリカン」(1963)、万博で焼肉ブームを築いた「食道園」ビル(1968)、「船場センタービル」(1970)なども・・
現時点で、公共による日本で最も尖った建築認定ではないかと思います。

しかし、これらの建物にしても、高岡伸一さん他ビルマニアカフェなどの活動が無かったら、日の目を見なかったでしょう。歴史は作っていくものなのですね。
選定作品の詳細は以下に。選定した有識者会議の面々(橋爪紳也、嘉名光市、倉方俊輔、澤田充、高岡伸一、長町志穂、吉田豊)が、大阪の近現代の都市史と建築を本格的に、分かりやすく解説したつもりです。

「生きた建築ミュージアム・大阪セレクションによせて〜生きた建築ミュージアム推進有識者会議〜」(大阪市)

そして、「生きた建築ミュージアム」の実証実験イベントは11月23日・24日。
今井兼次の「本町ビルディング」屋上、「北野家住宅」など、この日だけの特別公開も行われます。村野藤吾の隠れた(場所はとても目立ってます)名品「梅田吸気塔」などのライトアップも見逃せません。

「生きた建築ミュージアム2013~大阪セレクション×実証実験~」(大阪市)

近現代建築がお好きな皆さま、ぜひ大阪にお越しを。

生きた建築ミュージアムチラシ

今日の19時半から、谷中のHAGISOにて、トークイベントに出演します。
http://hagiso.jp/art/nov_sento/

「ご近所のぜいたく空間

銭湯をはじめ、身のまわりの暮らしの痕跡って大事なんじゃないか。巨大開発の足元で、街が瓦解することを何とかできないか。
そういう思いって、東京も大阪も地方都市も同様だと思う。

建物の意匠もそれぞれに手が込み、コミュニティの一つの核となり、都市がまちまち(エリア)から成り立っている事実を顕示していた銭湯。
それが近年、次々に音も立てずに失われている。

建築家は、そんな音が聴けるプロフェッショナルだ。だからこそ、社会に有用であるはず。
文京建築ユースは、そんな方々によって構成されている。失われゆく銭湯への一連の取り組みが、今回「ご近所のぜいたく空間 "銭湯"」展という形で実現した。熱意にほだされて、私も駆け付けました。

「テーマは真剣ですが、和やかで柔軟な会議に出来ればと思います」とは、文京建築会ユースの中心メンバーの一人である、栗生はるかさん(建築家・建築都市スクールY-GSAスタジオ・アシスタント)の言葉。
そうだよね。余計な服をまとわず、温かな時間にしましょう。明日からまたそれぞれに張り切れると思えるような。

イベントの開始は19時半ですが、少しお早めにいらして、最終日となる展示もご覧になることをおすすめします。
今日の東京は格好の陽気なので、リニューアルオープンした朝倉彫塑館などを訪れて、というのもいいと思う。



【地域未来 ー つなぐべき地域の“文化” “景観” “建物” の魅力再評価サミット ー】
11月17日(日)19:30 – 21:30 入場料1000円(1drink付)予約不要
ゲスト:
倉方俊輔(建築史家)、紗幸(芸者—日本初の外国人芸者)、椎原晶子(たいとう歴史都市研究会)
多児貞子(たてもの応援団)、長坂健太郎(構造設計者/文京建築会)、宮崎晃吉(HAGISO代表)、他

主催:文京建築会ユース、HAGISO
協賛:愛知建築士会名古屋北支部
後援:文京建築会、東京都浴場組合、文京区浴場組合、台東区浴場組合、たてもの応援団、谷根千工房
お問い合わせ:文京建築会ユース
bunkyo.youth@gmail.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。