上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
古町フォーラムポスター

大学の同期で熊本大学の准教授をしている建築家の田中智之さんが、設計課題の講評会に呼んでくれたので、熊本に行ってきます。

田中スタジオの課題は「熊本市古町エリアの中心に位置する、現早川倉庫の敷地に『古町フォーラム』を計画・設計する」というもの。
先行して行った「『古町コード』の読解、それに基づく試案、『古町デバイス』の成果をふまえ、中低層密集市街地における都市施設のありかたについて各自考察し、計画を行うこと」になる。

明治期に成立した「早川倉庫」を含む場所が課題の敷地で、その講評会を実際の「早川倉庫」の中で行うという素晴らしいセッティング。
以前、熊本を訪れた時にも古町のグリッド構造に目を見張り、「早川倉庫」にも入ってみたかったので、とても楽しみだ。
田中さんからのメールには「夜は学生との懇親会を企画しています。楽しみにしていてください」とあったので、これも楽しみだ。
スポンサーサイト
コマツビル01

けっこう目立つ60年代製ビル。東京・溜池の交差点に面しているので、外堀通りからも、六本木通りからも、良く見える。
首都高がここでカーブしているので、車からの視線も奪う。今は隣の敷地が建て替え工事で更地なのでなおさら、外壁の六角形の繰り返しが目に焼き付く。
その存在は通るたびに気になっていたのだが、『東京建築ガイドマップ』を出した時には深く調べないままで、「日経アーキテクチュア」の連載「ドコノモン100選」を始める時になって調査を行った。

コマツビル02

すると分かったことは、この1966年につくられたコマツの本社ビルが2人のモダニズム建築家の共作であることだ。
一人は、「無責任男シリーズ」の撮影にも使われた - 今でもある - 「大和證券ビル」(1956)や「真駒内屋内スケート競技場」(1972)などを手がけた中山克己。
もう一人は、レーモンド事務所から巣立ち、「最小限住居」(1952)、「成城学園」(1958-)などを設計した増沢恂である。
両方の事務所で聞いた内容をまとめると、増沢建築設計事務所の側が主にデザインし、中山克己建築設計事務所がサポートにあたったようだ。

コマツビル03

外壁はすべて耐力壁になっている。壁の内側には鉄骨。当時の高さ制限31mの中で、室内の梁丈をできるだけ小さくして天井高をかせごうという構造の工夫を、率直に反映した結果が、特徴的なファサードの六角形の窓である。
そんな説明で、だからこれは時代を反映した「モダニズム建築」なのだ、とまとめようとすると、異議を唱え始めるのが大理石張りの外壁・・・考えてみると、どちらの建築家からも出てきそうにない要素だ。
ここで、あと一人の人物に登場してもらう必要がある。それはケンプラッツの記事で。

*「建築浴MAP」(googleマップ)で所在地を見る
プロジェクト展審査会02

3月3日から8日にかけて代官山ヒルサイドテラスで開催される「トウキョウ建築コレクション2009」以前の関連記事)。
3月3日の「プロジェクト展」にコメンテーターとして参加することになり、その審査会が開かれた。

プロジェクト展審査会01

審査をご一緒したのは、『畑がついてるエコアパートをつくろう』の著書等があり、エコロジーの実践に詳しい山田貴宏さん(4日のコメンテーター)、横浜市寿町の地域再生を手がけているコトラボの岡部友彦さん(5日のコメンテーター)。
12点の枠に、近くは東京、遠くはアメリカの大学の研究室から全15点の応募があった。目を通すとどれも力作なので、審議の結果、それぞれの持ち時間を調整することで、1日5点の発表数に変更する。発表の後、約1時間のディスカッション時間を設けるのは原案の通り。
別々の場で試みられた5つのプロジェクトが刺激し合って、それぞれのプロジェクトの「その先」が見えてくるようになるといいね、と。
「プロジェクト展」は3月3日・4日・5日のそれぞれ18時から、ヒルサイドテラスH棟「スタジオヒルサイド」にて。腰を据えて言葉が交わせる会場構成を考えているようなので、今の建築系大学院生が何を考えているのか、興味をお持ちの皆さま、ぜひ現場に立ち会ってください。

トウキョウ建築コレクション2009チラシ

同時開催の「全国修士設計展」と「全国修士論文展」も昨年を上回る応募数とのこと。
6日の13~19時は「論文」の公開討論会。コメンテーターは今村創平さん、小野田泰明さん、金田充弘さん、高木洋人さん、渡邉研司さん。
7日の10時半~19時が「設計」の公開審査会で、審査員は古谷誠章さん、乾久美子さん、木村博昭さん、内藤廣、西沢大良さん。
8日の14時~16時は「東京を語る」。今回の講演者は二川幸夫さんだ。

「INAX REPORT」177号

二川幸夫さんと言えば、出世作『日本の民家』の文章を基にした、伊藤ていじさんの『民家は生きていた』を特集した「INAX REPORT」177号のPDF版がウェブサイトにアップされている。
前に書いた通り、16~17ページの「序論」を書かせていただいた。
先端素材デザイン展01

マロニエゲートにある「東急ハンズ銀座店」の7階で、「4先端素材と10人のデザイナーによる20の日常品」展が開催されている。
東レと東急ハンズのコラボレーション企画で、タイトルの「4先端素材」とは、スムーズな肌触りの人工皮革「エクセーヌ」、軽くて強い炭素繊維「トレカ」、自然環境に還元できるポリ乳酸繊維「エコディア」、それにケナフ繊維を加えて板状にした「エコディア ケナフボード」の4種。
それらを使った日常品を10人のデザイナーが試作している。それぞれの素材の持ち味を活かし、新しい日常の楽しさを生み出そうという企画だ。

先端素材デザイン展02

トラフ建築設計事務所は、炭素繊維を使った芯ホルダーをデザインしていた。これが面白い。まず、芯も炭素、側も炭素というわけである。
それに、科学の力が創造した新素材は、私たちの期待を裏切るところがある。この炭素繊維の場合、黒光りした外観が、重さや冷たさを連想させるのだが、実際には軽く、(熱伝導率が低いので)温かい。
ぱっと見でクールだとかカワイイというのは、あくまで入口であって、勝負所はそこではなく、そう思わせるデザインの力によって、いつもは見過ごしている「不思議」に気づかせる - しかも劇的にではなく、おっとりと - のがトラフだが、ここでは技術がつくる「不思議」に気づかせている。

先端素材デザイン展03

これまでの作品を回想すると「キリコボトル」(切子技術を見慣れた普段見慣れた空きビンに施したもの)が、性格としては似ていると思う。
技術が駆使される環境をずらし、その持ち味を陳腐化から解き放つ。しかも、そこには考え落ちのウィットも加わる - 中も外も炭素だとか、中は牛乳で外が牛柄だとか。
即効性の前者と、遅効性の後者が重ね合わせられ、普通「伝統」や「先端」のレッテルを貼りがちな対象が同じように扱われる。うん、トラフである。

「4先端素材と10人のデザイナーによる20の日常品」展は、2009年3月1日まで。

三菱一号館01

週末、バスで丸の内を通って初めて、すでに「三菱一号館」が「復活」しているのを知った。あわててカメラを構え、窓越しに撮影。

三菱一号館02 三菱一号館03

しばらく行くと「飯野ビル」(1960)がすっかり取り壊されていた。規矩正しい建物で、最後までメンテナンスも良好だった。脇のアーケードも日比谷と西新橋の境を定義づけていて良かったのだが…。在りし日の飯野ビル↓。

飯野ビル01 飯野ビル02

設計は竹中工務店の伴野三千良氏。「日活国際会館」(1952)はザ・ペニンシュラ東京に建て替わったが、名品「文藝春秋ビル」(1966)はまだ残っている。
狛江の住宅01

長谷川豪さんの新作「狛江の住宅」は面白かった。「新建築住宅特集」2008年4月号や「JA 80」などで以前から予告されていた住宅だけに期待して訪れたのだが、正直、初めはピンと来なかったのだ。

狛江の住宅02 狛江の住宅16

約110平方mの敷地のうちの約40平方mをつかって、天井の高い空間を木造で立ち上げ、ほぼ同じ床面積のコンクリート造の空間を隣に埋める。このコンクリートのボックスは地上から90cmほど顔を出していて、その上部が庭になっている。
つまり、《地上のリビング+ダイニングキッチン》+《半地下の個室+水回り》+《道路からやや高くなった庭》という、明確に区分された3つの領域から成っている。一般的な住宅の常識をくつがえす構成でもある。

狛江の住宅06 狛江の住宅05

初めにピンとこなかったのは、にも関わらず、3つの領域が予想していたほど劇的に転換しないからだろう。「コントラスト」の欠如と言い換えてもいい。
もちろん、これはしばらく眺めた後で出てきた感想で、最初はリビングに窓が多すぎるのではないか、しかも窓の形が無造作ではないか、地下のトップライトはもっと壮観になるだろうといった、脊髄反射のような思いがよぎったというのが正直なところだ。
玄関のドアを開けたり、リビングの階段を降りたり、半地下から階段で庭に上がった時に、もっとエッジの立った劇的な体験があるかと思ったら、そうでも無い。
この裏切られた感は、こちらの勝手な期待がもとになっている。「建築家」の住宅らしい大胆な構成だから、それを強調されているに違いないという先入観にもとづく期待だ。コントラストの「欠如」なんて言ってしまうのも、絶対的な欠如というよりも、こちらの期待に反して、という位の意味である。

狛江の住宅11 狛江の住宅12

そうした期待を裏切っているのは、設計者の落ち度によるものではない。それが設計意図に深く関わることは、「コントラスト」の欠如が、「狛江の住宅」の全体に見られることからも分かる。
木造部分の外装とコンクリート、および室内の仕上げは、もっと素材と構成の違いを引き立てるようにできるはずなのに、そうなってはいない。白からグレーの色調の中に溶け込んでいる。むろん、これは訪問日が曇天だったから余計にそう感じるので、晴れた日には外装材が光を反射するだろう。しかし、それでも周囲の住宅地の中で浮き立つほどの存在感を誇示するとは思えない。

狛江の住宅03 狛江の住宅10

曲線の使い方もそうだ。基本的に矩形をなすこの住宅の中で、曲線(曲面)は次の箇所だけに使われている。外部からリビングにつながる玄関、リビングから半地下に下りたところの壁、半地下から庭に上がった部分の3か所である。どれも3つの領域の「あいだ」にあたる部分だ。これも「コントラスト」を下げる働きをしている。
言うまでもなく、道路からやや高くなった庭という計画自体、周囲からの際立ちを避けようとしたものである。

狛江の住宅07 狛江の住宅09

以上の話と直接に関係するかは分からないが、「狛江の住宅」には、頬が緩むようなディテールがある。
リビングの床面近くに開けられた穴は、何だろうと思って外にまわったら郵便受けだった。
半地下につづく階段をかこむ壁をよく見ると、照明のスイッチが仕組まれていた。これらは遊びといえば遊びだが、外部と内部をつなぐ郵便受けや、人間と建物の間にあるスイッチへの興味は設計者の「あいだ」をつなぐものへの関心を示しているようにも思える。
これまでの設計にも見られたそうした性格が、如実に現れたのが「狛江の住宅」ではないか。

狛江の住宅13 狛江の住宅15

こうして、初めにピンとこなかった設計者の狙いは、自分なりに合点がいった。
では、この住宅が設計者の狙い通り、周囲の環境と家族の生活の間にあって、それらを取り結ぶようなものになるのか?
オープンハウスの段階では、まだ分からない部分もあったと言い添えておこう。
リビングの大きな開口部は、隣家の目線が直接に入る位置にある。そこにカーテンか何かが取り付いた時には、どういう効果が生まれるのか。あるいはエッジの立った壁面と天井の取り合いやクールな素材感といった「建築家」の住宅らしい仕上げが、本当にこの住宅の狙いに適しているのか。個人的には、想像を膨らませる余地があったのである。
立石のポリスボックス

先週末は京成立石のアーケードで飲み、「ちょっと失礼して」と席を立つと、こんな物体に出会った。
なんだか帽子をかぶった警官のように見えなくもない。
記事は「小屋」続きだ。最近「身の丈」の空間や家に熱い眼差しを注いでいる鈴木明さんにお尋ねしてみようか。

京成立石の風景

*「建築浴MAP」(googleマップ)で所在地を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。